心の問題の深刻度を測るのは難しい ~精神科にいくタイミング~

「死にたい」と考えてしまった
苦しい。死にたい。だれか助けてほしい。

でも精神科にいくほどなのだろうか。
みんな少なからず「死にたい」とおもうのではないか。
自分は悲劇のヒロインを演じようとしているのでは。
甘ったれるな、がんばれ。


と、「死にたい」とSOSを出している自分を
さらに追い込んでしまう

そうして私の症状は悪化し、会社の上司に指摘されました。
「さいきん調子わるそうだけど、だいじょうぶ?」

のちに精神科医に相談する中でいわれたこと、

症状には2段階ある。
(1)自分で自覚する段階
(2)周りに気づかれる段階


あなたは(2)の段階まで進んでいる
明らかに診察をうける必要があるレベルです。


だからみなさん精神科にいきましょう。というわけではありません。

自分の苦しさを、大事にしてあげてください。尊重してあげてください。
苦しさは絶対的なもの。人と比べるべきではない。
人によって、環境・自分の感度は全くちがいます。

『同じ状況のあのひとが、がんばっているのに。』
そんなの関係ないです。
あなたが苦しいなら、それは誰が何と言おうと絶対に苦しいんです。

もう限界の自分を、これ以上責めないで。
「苦しんだね、そうだよね。ずっと我慢してほんとうに偉いね」
せめて自分の心の中には、やさしい味方を。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。